×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
Sonokawa

 >>BACK 


園川伝説 プロ入りへの道 〜ハチ公前にて〜


 園川一美(そのかわかずみ) 、長い間ロッテの名物左腕として活躍した、パリーグ好きなら知らないものはいないピッチャー。その栄光の野球人生について書いてみようと思う。

 熊本の名門・九州学院で活躍し甲子園にも出場しそれなりに名を知られるようになる。そして部員の不祥事で出場辞退に追い込まれるというイベントにも遭遇。早くも波乱万丈の野球人生の予感。大学進学の道を選択し、日本体育大に進む。

 1985年、大学4年の時体育教師になろうと、ひそかに決意していた園川青年であったが、教育実習と日米大学野球と日程がかぶってしまう。とりあえず、日米大学野球を選択。

 この時日米大学野球に参加した選手は後にプロ入りした人が多く、南淵(元ロッテ)、猪俣(元阪神)、大豊(元中日)、石井(元近鉄他)、西川(元南海)、若井(元南海)、森(元南海)、斉藤(元南海)、松永(元中日)、渡辺(元阪急他)らと共に参加。

 園川は第二戦から5連投し2勝を挙げ、日本の勝利に貢献しなんと大会MVP。ドラフト一位は固いと密かに思う。この大会エースと目されていたのは、実は後に阪神入りする猪俣でした。彼の不調が園川の運命を決定付けたのか。

 1986年ドラフト2位で南海、ヤクルト、巨人、ロッテの四球団に指名される。抽選の末に園川に最もふさわしい球団、「ロッテオリオンズ」に入団する事が決定。波乱万丈の園川伝説がその幕を開ける。

 と思いきや、一位で指名されるものと思っていた園川はがっくり。入団拒否しちゃおうかなーとか考えるも、なぜかロッテからは1週間以上も連絡のないまま放置プレイ(球団曰く「冷却期間」)。

 その後、ドラフト交渉の待ち合わせ場所が「渋谷ハチ公前」というという、ドラフト上位選手に対する対応とは思えない、裏も密約もなさそうな感じでとりあえず契約、プロ野球選手「園川一美」の誕生である。


なんとなく園川伝説AA


 OK、園川ゲット。
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) 流石だよな俺ら。
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  ロッテ   / .| .|____
    \/____/ (u ⊃
      ガガガガ・・・・