×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
Mito VS Kashiwa

 >>BACK 


2006年8月19日(土) 笠松運動公園陸上競技場 


 笠松には一時間前くらいに着いたのだが、いつも止めている第四駐車場がいっぱいで、少しはなれた第二駐車場に止める事に。こんな事ははじめてです。競技場に向かう道もなんかいつもと違って人がいっぱいですよ?

 笠松に来る途中、前後を野田ナンバーの車に挟まれていたので、柏サポもけっこうきているのかなあ、とか思っていましたが、多いね。声量では水戸を圧倒していましたです。

 今日は、来場者プレゼントとしてノースリーブシャツ(先着2000名)とタオル(先着3000名)が配布されていて、それぞれゲット。特に、ノースリーブシャツの方は無料というわりにいい感じです。次節の山形戦とその次の徳島戦でもノースリーブシャツは配布されるみたいですね。

 試合開始前にフラダンスがあったのですが・・・素人さんがやっていることを差し引いてもなんというか・・・せめて振り付けくらいはきちんと覚えてやってほしかったです。カルチャー教室か何かの人達だったのかなあ。小学生の学芸会よりひどいレベルのものは、正直人前で見せるものではないと思う。

 そんなこんなで試合開始。水戸守備陣の出足が良く、柏のボールを次々にカット。全体的に水戸優勢で試合が進む。ただ、暑さと湿気でスタミナの消耗を抑えるために、柏が抑え目に試合を進めているる印象も。とにかく観戦しているだけでも蒸し暑い。まあ風はあったのが救いだが。選手も試合が止まるたびに次々と給水タイム。

 前半は水戸ペースで試合が進むも、決められず0-0で後半に。水戸のアンジーこと、FWアンデルソンに期待が集まりますが・・・。チームが優位に立っているときに点を決められないと、相手に流れがいってしまうのはどの球技でも同じことということで。

 後半始まった頃に職場の元同僚から電話が。「えっ?今サッカー観戦をしてます。水戸対柏ですよ、はいはい現地で見てます。今0-0で・・・っってえええっと柏先制?」何か携帯で会話をしている最中に前半押され気味だっ柏が後半早々に、先取点。
 
 その後FW西野、FW塩沢を投入し攻勢に出るも点を入れることができない。身とはリードを許していても決してバランスを崩してまでは攻めに出ないのはいいことなのか、悪いことなのか。まあ、水戸なりに攻勢には出ていましたが、得失点差も気になる上位陣には嫌なチームなんだろうなあ。結局その一点を守りきられ1―0で試合終了。水戸はここのところいいサッカーはしているのだが、結果がついてこないですね。

 入場者は9482人。夏休みという事や、アウエー動員もあった事で結構はいってました。試合には負けたがある意味勝った?