×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
Mito Holly Hock VS Syonan

 >>BACK 


2006年7月12日(水) 笠松運動公園陸上競技場 

 今日は、山形の試合を見に行くのが物理的に無理な為、水戸に試合を見てきました。スタジアムに入ると、腹ごしらえのため、冷やし坦々麺を購入し適当に座る席を探すのですが、やばいくらいに人が少ない。まあ、平日という事で仕方がない面もあるのでしょうが、う〜ん・・・。

 坦々麺を食べていると、バックにecoの「走れホーリーホック」が流れてきました。このまったりとした空気は笠松独特の雰囲気ですよねえ。AWAYサポも思わず口ずさんでしまう密かな名曲です。そんなこんなで、試合開始が近づき、今日は大洗町の日ということで、町の助役の挨拶がありましたが、去年の大洗町の日は、カズのいる横浜FC戦で観客が一万人以上入ったが、今日はウイークデイで残念みたいな事を言ったり、ワールドカップの話に飛んだり、J1に上がって鹿島と対戦してくれとかいってみたり、話が飛びまくって訳がわからないうちにいよいよ試合開始です。

 水戸のほうはいつものようにしっかり守って、FWアンデルソンというお決まりのパターン。湘南もそれは承知で、アンデルソンには2人、3人がかりで止めに行きます。水戸は肝心のDF陣の出来が良くない。特に左SDFの大和田の出来がひどい。一対一で抜かれるわ、パスミスしまくりでかなり不安要素。中盤のプレスもあまり利いていないようで、湘南のテクニックのある、MF佐藤悠、MFニヴァウド、MFアジエルといったあたりに翻弄されている感じもありましたが、湘南の方も決定力不足で0-0のまま試合が進む。こういったときに威力を発揮するのが飛び道具。前半にMF佐藤悠のFKが見事に決まって湘南が先制。その後も湘南ペースで前半終了。

 後半に入ると、湘南も攻撃のそれ程枚数を割かず無理はしてこないため、水戸の攻撃力では厳しいかと思っていたが、後半10分に、DF大和田の豪快なミドルが炸裂し同点に追いつく。動きの悪かった大和田が決めるのだからサッカーは分からない。追いついた水戸が流れを掴んだかに思えたが、大和田がこの日二枚目のイエローを貰ってしまい、なんと退場。

 「 ま た 大 和 田 か 」

 今日、サポーターの歓声とブーイングを一身に集めた大和田君が居なくなってしまい、水戸は残り時間を10人で戦わなくなってしまいました。湘南有利に試合が傾きかけるなか、均衡を破ったのは、なんと水戸のほう。FKをMF桑原が直接決めて2-1に。数的不利を無効にする飛び道具の威力を見せつけました。

 あとは、守るだけと水戸は10人で必死のディフェンス。湘南は数的優位を活かしパワープレイでとことん攻勢に出ます。そして、水戸の粘りが身を結ぶと思われた後半ロスタイム、ついに湘南同点。うつむく水戸イレブン。スタンドからも「吉本、顔を上げさせろ!」と檄が飛びますが、正直数的不利の上、ロスタイムもあまり残されていない状況で、ここから勝ち越すのは厳しいだろうと思っていた、同点直後のプレイ。水戸はMF眞行寺が左サイドから一気に敵陣に侵入、虚を突かれたかのように湘南は水戸の攻撃を止められず、MF眞行寺が勝ち越しゴールを奪い3-2で勝利。

 先制点を許すも、不調の選手が同点ゴール、数分後にはその選手が退場するも、数的不利の中勝ち越しに成功。ロスタイムに同点に追いつかれるも、残り少ないロスタイムの中再び勝ち越すという、滅多に見れない劇的な試合展開を見届けた約1200人は貴重な試合をみましたよ。試合レベルは決して高いものではありませんでしたが、面白い試合でした。

 あー、あとどうでもいいことですが、湘南のラピュタの応援歌はいいなあ。