×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
Mito Holly Hock VS Kyoto Purple Sanga

 >>BACK 


2005年9月4日(日) 笠松運動公園陸上競技場 

 今日は、仙台戦のチケットが取れていれば、仙台スタジアムでの山形対仙台戦を見に行く予定だったのですが、残念ながらとれなかったということで、さてどうするかということになったのですが、どうせ今日は予定もないしと笠松で行われる水戸対京都の試合を見に行く事にしました。

 笠松について、チケットを買いに行くと、チケット売り場のお兄さんが、『今日は何席で観戦予定ですか?今日ファンクラブに入られますと入会価格が半額の2000円で、S席のチケットが付きますのでお得です。』といった内容の事を言っていたので、A席の価格が2000円なので、ファンクラブ会員になれば2000円でS席には入れるので得だなーと思って水戸のファンクラブにはいってきました。ファンクラブの特典でS席のチケット一枚がついてくるというより、S席のチケットのおまけでファンクラブ会員になった感じでしたよ。

 チケットを買った後は、チケット売り場のテント脇で、JA茨城の抽選会というのが無料でやっていたので、くじを引いてみる。当たりが出ると茨城産の巨峰がもらえるというものであったが、見事当たりを引いて巨峰をひとふさ頂きました。家に帰ってからおいしくいただきますよ。

 スタジアムに入場し、今日のマッチデイプログラムをもらい席についてから見てみる。J2得点ランキングがのっているが、水戸のチーム得点王は・・・DF須田の4点か・・・。やはりデルリスを札幌に引き抜かれたのは痛いよなあ。昨年、甲府がバロンをシーズン中に鹿島に取られて急激に失速したなんてこともあったが。

 そんなこんなやっているうちに、今日のメンバーが発表される。水戸はGK本間、MFマルキーニョ、DF深津。京都はMF中払を欠いての試合となる。また、京都は右サイドにMF星ではなく、MF加藤を起用してきたのがいつもと異なるところか。これまでのパターンだと、スタメンで星を起用し、後半から加藤と起用してくるのがこれまでの京都のパターンであったが。水戸は主力3人を欠いての試合で、かなり苦しい戦いを強いられそう。

 前半は水戸の一点リードで折り返す。

 ハーフタイムでスタンドがざわついているので何事かなーと思っていると、スタジアムに浦和レッズの闘莉王選手が来ているということで、人が集まっている方を見てみると、確かにトゥーリオがスタンドに!トゥーリオといえば、2003年度に水戸に在籍し、DFながら10得点を挙げチームの得点王になるなど活躍。昨日、浦和レッズが鹿島アントラーズとの試合があったと言う事で、鹿島と同じ茨城県にある古巣水戸の試合を見に来たということでしょう。というか、昨日トゥーリオは退場になってますな・・・。

 後半、水戸に退場者が出てからは一方的な京都ペースになるも、水戸のGK武田が神がかり的なスーパーセーブを連発し、前掛りになった京都を水戸がカウンターを狙うというパターンを繰り返すがお互いに勝ち越し点は奪えずドロー。

 京都は、前節11位の横浜FCと引き分けたのに続き、今日も10位水戸相手にドローと第3クールに入り失速気味。とはいえ、2位福岡とは勝ち点9、3位札幌とは14差。自動昇格ラインには、ほぼセーフティリードかなあ。一方の水戸は、後半退場者を出しながらのドローは健闘したといっていいのでは。スタンドからの大きな拍手がそれを示していたのではないかと。